一見難しいキャバクラのルールは体験入店で手早く理解する事が可能

純白のドレス

キャバクラの体験入店は気軽にできる

美脚

キャバクラに体験入店したいけど何をすればいいのかわかんないと不安を抱いてる方は多くいらっしゃるとおもいますが、心配ありません。キャバクラの体験入店はとても簡単で気軽なものです。まず体験入店には身分証さえあれば他に必要なものはありません。すべてお店側が用意しています。かわいいドレスやヒール、専門スタッフによるヘアメイクを受けることができます。
入店の準備が整うと簡単な説明をスタッフが丁寧に教えます。仕事の流れからマナーそしてルールと10分ほどで終わる簡単な説明です。説明が終わると早速お客様の席につきます。接客内容は基本的に笑顔でお客様とお話をするだけです。
お酒は飲めても飲めなくても構いません。またグラスの注ぎ方や灰皿交換、ハンドサインなどの細かいことは最初は気にせず先輩の動きを見て覚えれば大丈夫です。体験入店の場合ベテランのキャストと一緒の席につくようアシストしますので安心してください。席についている時間と待機してる時間がありますが、待機の時間には好きなドリンクを飲んだりすることもできます。1時間のうち半分は席について接客をしてもらうのがキャバクラの一般的な流れとなります。体験入店が終わるとすぐにその日の給料受け取り終了となります。

キャバクラ体験入店には何を着ていけばいいの?

キャバクラの体験入店をするにあたりどういった服装がいいのか?またドレスはどのような物を買えば良いの?かと考える方がいらっしゃると思いますが、キャバクラの体験入店ではそんな心配もいりません。お店では貸出用のドレス、「貸しドレス」の用意があります。そのため体験入店には普段通りの私服で大丈夫です。
お店の更衣室にてドレスを選択して、着替えていただくだけです。
またドレスは可愛いくベーシックな物がたくさんありますので、自分の好みにあったドレスが見つかると思います。貸しドレスのサイズに関してもS、M、Lと取り揃えてあるため、自分のサイズにあったものがないかも?と心配する必要もありません。また貸出のドレスだけでなく、ドレスに合うヒールのご用意もあるため、靴に気を使ってキャバクラの体験入店に来なくても大丈夫です。普段あまり着慣れないドレスをきて仕事をするため、新鮮みがあり楽しみを味わうことができます。
体験入店のあとにお店で働くことが決まった場合、その翌日からでもまたドレスを貸し出すことも可能です。
自分の好みのドレスが見つかるまで、お店から貸出が行われているので、キャバクラで働くにあたり服装については何も心配いりません。

本入店も視野に入れたキャバクラの体験入店は待遇で店を絞りましょう

キャバクラの仕事に興味があるけど、どんなお店が良いかはわからないし、体験入店ができるお店が結構あるから、実際に試して自分に合う店を探してみる。そんな女性も中にはいますが、キャバクラというのはどの都道府県であっても結構な数があり、働くのに良いお店を見つけるには数を絞る必要があります。数を絞るための基準を決められないのなら、待遇で数を絞るべきです。
キャバクラなどのナイトレジャーは、表向き華やかだけど裏では過酷な業界という偏見を持たれがちですが、現在では並の一般企業よりよほど働く女性が優遇されている業界です。夜遅くまで仕事があるので送迎だって当然ありますし、社員寮や託児所のあるお店だってあります。ドレスレンタルをしているお店なら、ドレスを購入する必要がないので、気楽に体験入店を試せるでしょう。
体験入店の時点では、お店の用意した好待遇の恩恵をうける機会はそれほど多くはありませんが、本入店するなら待遇の良さは仕事の続け易さに繋がります。
とりあえずキャバクラの仕事がどんな感じなのか試してみたい程度の動機でなく、仕事を続けるお店を探すために体験入店を利用するなら、他の店と比べて女性従業員の待遇が著しく劣っていないか程度は、確認しておくべきです。

information